革ジャン・レザージャケット刺繍・バイクチーム刺繍・MCパッチ・ワッペン制作・直接刺繍・応援・イベント服刺繍など|名古屋からすぐ

お気軽にお問い合わせください
0568-51-0055
受付時間 10:00〜19:00 不定休

オリジナルデザイン刺繍
制作の流れ
【直刺繍】【MCパッチ】

Flow of embroidery

準備 【直刺繍】【MCパッチ】

デザイン入稿

デザイン入稿|オリジナルデザイン刺繍制作の流れ直刺繍】【MCパッチ】編

.ai .jpg .bmp などデザインがわかるものがあればOK

刺繍データ作成

専用ソフトにて刺繍用データ作成。
手作業でのデータ作成なので、このデザイン・大きさでデータ作成に2日程度かかります。

刺繍試し縫い準備 【ミシンセット】

デザインから各種糸色選び&ミシンにセット
ミシンに生地セット
生地選び、裏の処理、ボリューム処理など加工法に合わせてセットします。

試し縫いスタート

試し縫い確認&調整(必ず1回は試し縫いを行います)

最低1回は試し縫いを行います。
縫い上がりで気になる箇所がある場合はデータ・生地・糸など修正をかけます。




本縫い 【MCパッチ】

刺繍スタート 〜 縫い上がり

試し縫い後、本縫いをして、ミシンから外し、
裏の処理などをします。

ヒートカット

丈夫に仕上がる処理です。
ヒートカットペンで熱を加え生地をカットする方法です。

MCパッチ完成

取り付けなし、MCパッチのみの納品はこの状態になります。

MCパッチ取り付け

取り付けありの場合、MCパッチを革ベストに取り付けて完成。




本縫い【直刺繍】

裏地はずし(裏地はずしありの場合)

裏地はずし&裏地処理(芯はり)

裏からの見た目も綺麗に仕上げたい場、裏地をはずし刺繍します。
注)裏生地を外さずに刺繍加工をする場合、表地と裏生地が固定されるので着用時に突っ張ります。
注)革ジャンやバイクジャケットなどでプロテクターが入っているものや、表地と裏生地をゴムで留めてあるものなどは必ず縫製工程が必要です。

直刺繍スタート

別布で試し縫い&調整後
直刺繍

注)縫製ラインの上に刺繍加工をする場合
・薄い生地であること
・縫製部分の重なりの薄いもの
注)縫製ラインの辺りではどうしても針がばたつきやすいです。
縫製ラインのないものを選んでいただくか、縫製ラインを避けるデザインがベストです。

縫い上がり

縫い上がったら裏処理をします。

縫製もどし(裏地はずしありの場合)

外した裏地を再び縫い合わせもとに戻します。
革製品の縫製は、革ジャン・革レーシングスーツを取り扱う専門業者の加工となります。

直刺繍完成

直刺繍完成です。




バイクチーム・革ジャン刺繍・オーダーワッペン 制作実績

PAGE TOP